日中平和観光株式会社の中国情報館
最新記事
カテゴリー
サイト内検索
カレンダー
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30       
<<前月 2019年06月 次月>>
リンク
RSS
運営者情報

ガーデンホテル上海  ホテル日航上海 室内「全面禁煙」に
 12/21 業務課

 ガーデンホテル上海  ホテル日航上海では、受動喫煙による危害からの防止のため、「上海市公共場所控制吸煙条例」と「公衆衛生管理実施規則」により、全館禁煙になりました。 喫煙は指定場所のみ可能となります。

 
ガーデンホテル上海の禁煙を呼びかける掲示

 北京では2015年6月1日より、「喫煙抑制条例 /北京市控制吸煙条例」が施行され、公共エリア、室内・公共交通機関や一部の室外などの禁煙が実施されており、ホテルの屋内はすべて禁煙となっております。

 本年10月27日から「上海市公共場所控制吸煙条例」に基づき上海駅(虹橋・上海・上海南)屋内が禁煙に。 10月30日には上海空港(虹橋・浦東)の屋内でも全面禁煙措置が実施。

 11月10日には新錦江大酒店が屋内のすべての公共エリアと客室内での全面禁煙措置の実施しております。 

 上海市では「上海市公共空間喫煙コントロール条例」修正案が可決され、2017年3月1日からレストラン、ホテル、娯楽場所などのこれまで喫煙コーナーの設置が認められていた室内空間が「全面禁煙」となります。

 また、次の6種類の室外の公共空間も禁煙になります。

(1)託児所、幼稚園、中学校、小学校、少年宮、青少年活動センター、教育・研修機関、児童福祉施設などの未成年が主な活動主体である公共の場所

(2)女性子ども保健院(保健所)、小児科病院

(3)体育館、コンサート会場などの観客席、競技、公演する場所

(4)社会に開放された文化財保護機関

(5)人が集まる公共交通機関の待合いスペース

(6)法律、法規、ルールで規定されたその他の公共空間

 違反した場合の処分について、「個人が禁煙の場所で喫煙し、注意されてもやめなかった場合、50元以上200元以下の罰金を科す」としている。

 今後、2017年3月1日の室内空間の「全面禁煙」を前に、上海のホテルでは予告なしに前倒しの措置がとられ、宿泊時には室内に灰皿がなくなる可能性が高くなるものと思われます。

 2012年のWTO報告によると中国の成人男性の喫煙率は53%、日本では33.3%(JT2014年データ)。 スモーカーとっては更に肩身が狭くなりますね。
| http://www.nicchu.co.jp/nicchublog/index.php?e=1073 |
| ホテル | 03:12 PM | comments (x) | trackback (x) |
PAGE TOP ↑