日中平和観光株式会社の中国情報館
最新記事
カテゴリー
サイト内検索
カレンダー
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30    
<<前月 2020年09月 次月>>
リンク
RSS
運営者情報

在中国日本大使館からのお知らせ(鳥インフルエンザ)
 2/16 在中国日本国大使館 一部抜粋

●発生地域に渡航・滞在する際は、こまめに手を洗う、生きた鳥を扱う市場や家禽飼育場への立入を避けるなど、予防に心がけて下さい。

●中国国内では、2016年12月から鳥インフルエンザA(H7N9)のヒト感染例が増加しており、2017年1月は、対前年同月に比べ約7倍増となる192例のヒト感染(うち死亡は79例)が報告されています。


中国に渡航・滞在される方へ 在中国日本国大使館

 中国、香港及びマカオにおける鳥インフルエンザA(H7N9)について、外務省では、以下のとおり感染症スポット情報を更新しましたのでお知らせいたします。

外務省海外安全HPはこちら → http://www.anzen.mofa.go.jp/

 中国、香港及びマカオにおける鳥インフルエンザA(H7N9)のヒト感染例大幅増加(家禽との直接接触は避けてください。)(その12)

1.中国、香港及びマカオにおける鳥インフルエンザA(H7N9)のヒト感染症例

(1)1月23日、チャンWHO事務局長は、2016年11月以降、世界の広い地域で家禽・野鳥における高病原性鳥インフルエンザが急速に流行拡大していることに警戒を呼びかけるとともに、中国では、2013年以降鳥インフルエンザA(H7N9)のヒト感染例が1,000例を超え(これらの致死率は38.5%)、直近の例では、限定的なヒト-ヒト感染が生じていることも否定できないとして、世界各国に対し迅速な対応を呼びかけています。

(2)中国の国家衛生・計画生育委員会(NHFPC)が発表した2017年1月のヒト感染例は、対前年同月に比べ約7倍増となる192例(うち死亡79例)です。

 2016年の1月以降の中国国内における発生状況は以下のとおりです。
 2016年 
 1月 感染者報告数28例うち死亡5人
 2月 感染者報告数29例うち死亡15人
 3月 感染者報告数17例うち死亡7人
 4月 感染者報告数11例うち死亡7人
 (略)
11月 感染者報告数6例うち死亡0人
12月 感染者報告数106例うち死亡20人

2017年
 1月 感染者報告数192例うち死亡79人

(3)2016年12月以降、香港で4例(うち死亡1例)、マカオで2例のヒト感染が報告されています。

(4)つきましては、中国、香港及びマカオへの渡航を予定している方又は既に滞在中の方は、在中国日本国大使館及び各総領事館のホームページなどから最新の関連情報を入手し、以下2.を参考に十分な感染予防に努めてください。
| http://www.nicchu.co.jp/nicchublog/index.php?e=1117 |
| 大使館 | 02:57 PM | comments (x) | trackback (x) |
PAGE TOP ↑