日中平和観光株式会社の中国情報館
最新記事
カテゴリー
サイト内検索
カレンダー
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31       
<<前月 2019年03月 次月>>
リンク
RSS
運営者情報

重慶市の治安情勢
11/29 在重慶日本国総領事館

 重慶市の治安は、比較的良好であり、一般的に日中であれば旅行者が何処
に出かけようとも安全だと言われています。ここ数年来の警察官の増員、防
犯カメラの増加や性能向上が奏功しているためと言われていますが、それで
も、報道等によれば、スリや置き引きはもとより、空き巣、車上荒らし等は
日常的に発生しているため注意が必要です。



1.治安状況(各種データ)

 刑事事件の検挙数は昨年(2017年)1年間で7.67万件。その内、生命に関
わる事案の検挙率は99.5%でした。前年(2016年)に比べ、刑事事件は
22.4%減少、八類案件(殺人、傷害、強姦、強盗、麻薬販売、放火、爆破、
毒殺)は14.2%減少、財産犯は23.3%減少する一方、検挙率は26.8%に
増加しています。重慶市の調査では、安全と感じている市民は96.92%であ
り、前年に比べ1.56%上昇しています。
 なお、ここ数年、在留邦人、日本人旅行者とも犯罪被害に遭ったという
報告はありません。

2.歴史関連

 西南地域の各大都市は、旧日本軍による空爆の被害を受けたという歴史的
な経緯を有しています。特に重慶市では、防空壕内の混乱で多数の犠牲者を
出した6月5日を記念日とし、今でも毎年、この日にはサイレンを鳴らし慰霊
式を開催しています。
 一般的に当地は親日的であり、日常の生活において特に反日感情を気に
する必要はありませんが、上記の次第もあり、日中間の政治状況によっては
反日感情が惹起される可能性がある点は留意しておく必要があります。
また日頃から軽率な行動や不用意な言動は行わないよう注意しましょう。

3基本的心構え

(1)自分(家族)の安全は自分で守るという決意
 当地が外国であることを十分に認識し、自分と家族の安全は自分達で守る
という強い心構えが必要です。そのために必要な努力や経費は惜しまない
ことも大切です。

(2)情報収集の励行
 海外生活では、滞在先の治安状況を知ることが予防の第一歩となります。
日頃から,新聞やテレビニュースで事件・事故、治安の趨勢に注意を払うと
ともに、外務省の海外安全情報や当館HP等で治安情勢や対日感情の変化等の
情報を入手及び可能なネットワーク作りに心掛けて下さい。

(3)「安全のための三原則」の励行

 日本では、ごく普通の言動、当たり前の生活の仕方でも、海外では思わぬ
災難を呼び込む場合があります。

・目立たない:必要以上に着飾らない、衆目を集めるような大声での現地
 批判を慎む等

・行動を予知されない:出勤経路や外出時の移動ルート、時間等を固定化
 させない

・用心を怠らない:周辺状況への目配りを心掛け、通常との些細な変化にも
留意する
| http://www.nicchu.co.jp/nicchublog/index.php?e=1338 |
| 領事館 | 10:14 AM | comments (x) | trackback (x) |
PAGE TOP ↑