日中平和観光株式会社の中国情報館
最新記事
カテゴリー
サイト内検索
カレンダー
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30    
<<前月 2020年09月 次月>>
リンク
RSS
運営者情報

大連市における新型コロナウイルス感染関連情報(2月12日現在)
2/12 (水) 16:10 在瀋陽日本国総領事館在大連領事事務所  抜粋

●2月12日、外務省は、スポット情報「中国における新型コロナウイルスに
 関する注意喚起(その10)」を発出しました。在留邦人及び海外渡航者の方
に対し、日本への早期の一時帰国や中国への渡航延期を至急検討するよう呼び
 かけています。

●2月3日に大連市当局から発表された14日間の「在宅隔離」について、その措置が 
 例外を認めず徹底されているケースがあります。

●2月9日に大連市当局から発表された新型コロナウイルスによる肺炎に関する
 通知(大連市感染防止抑制指揮部令第5号)等により、市内各地でいわゆる
 「封閉式管理」が強化されています。

●2月11日21時現在、大連市での感染者は計16名(うち4名は退院)で、新たな
 感染者の発表はありません。

●感染がさらに拡大する可能性があります。引き続き最新情報を収集し、人混み
 を避け、マスクを着用したり、手洗いを行うなど、感染予防に努めてください。

【最新の情報】

○2月12日、外務省は、スポット情報「中国における新型コロナウイルスに
 関する注意喚起(その10)」を発出しました。

 現下の状況を踏まえ、在留邦人及び海外渡航者の方に対し、今後中国各地に
おいて状況が急激に悪化する可能性も念頭に、情報収集等に万全を期すとともに、
日本への早期の一時帰国や中国への渡航延期を至急検討するよう呼びかけてい
ます。引き続き中国への海外安全情報にご注意ください。
https://www.anzen.mofa.go.jp/info/pcspotinfo_2020C027.html

○2月3日、大連市当局から発表された、「外地」から大連に来た者に対する
 「14日間の自主的在宅隔離」措置について、当局が同措置を厳格に運用している
事例として、出勤した日本人職員が日本から大連に戻り14日経ていないことから、
一定期間の「在宅隔離」を命ぜられたケースがあります。

 2月4日、当事務所より領事メール及びホームページにて、「外事弁公室からの
回答にありますとおり、仮にご自身以外では業務を遂行することが困難でやむを
得ず業務を行う場合は、十分な感染予防対策をお願いします」とお知らせした
ところですが、4日以降、当局による本措置が徹底・強化されている場合があり
ます。

 引き続き、当事務所としてもより正確な情報を皆様にご提供できますよう、
大連市当局と交渉してまいります。
https://mp.weixin.qq.com/s/bo-ADG31gn0E-8L15Pj5RA

○2月9日、大連市当局から発表された新型コロナウイルスによる肺炎に関する
 通知(大連市感染防止抑制指揮部令第5号)等により、市内各地でいわゆる
 「封閉式管理」が強化されています。

 上記通知等には、市内の全ての小区において、出入りの管理を一層徹底する旨
記載されています。実際に各小区で対応が若干異なるものの、多くの小区で住民
に「通行証」を配布し、規制テープを貼るなどして出入り可能な門の数を制限し
た上で、同「通行証」を所持しない外部の来訪者の進入を原則禁止とし、住民の
出入りの際には検温や登記等を義務付けている模様です。

 また、在大連領事事務所が入居している森ビルやその他のオフィスビルでも、
テナント企業職員に専用の「通行証」を発行した上で検温や登記等を行ったり、
外部からの来訪者は訪問先への事前予約を必須としたりなど、外部からの入館が
制限される事例が見られます。

https://mp.weixin.qq.com/s/CAHpE6Ybjnl9LSDEEFj1ag
https://mp.weixin.qq.com/s/bJuVgd_cP2azWd99cpE2EQ

○これまでの情報については、在大連領事事務所ホームページ(新型コロナウイ
 ルスによる肺炎の発生)を参照してください。
https://www.dalian.cn.emb-japan.go.jp/itpr_ja/00_000514.html
| http://www.nicchu.co.jp/nicchublog/index.php?e=1508 |
| 領事館 | 09:48 AM | comments (x) | trackback (x) |
PAGE TOP ↑