日中平和観光株式会社の中国情報館
最新記事
カテゴリー
サイト内検索
カレンダー
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
<<前月 2020年10月 次月>>
リンク
RSS
運営者情報

☆ こだわりの中国情報館メルマガ ☆VOL.435 【臨時号】
▼▼▼中国行き航空便の乗客のPCR検査陰性証明による搭乗に関する公告▼▼▼
在中華人民共和国日本国大使館 作成文章引用

中国政府は7月20日付け、中国行き航空便の乗客に対しPCR検査の陰性証明を求める
旨の公告を発表しました(内容は以下のとおり)

中国行き航空便の乗客の新型コロナウイルスのPCR検査の陰性証明による搭乗に関する
民航局・海関総署・外交部による公告

国際旅行の健康と安全を確保し、感染症が国境を越えて広がるリスクを低減するため
中国行き航空便の乗客に対し、新型コロナウイルスのPCR検査の陰性の証明による
搭乗という方法を実施する。具体的な進め方は以下のとおり。

1.中国行き航空便に搭乗する中国籍・外国籍の乗客は、搭乗前の5日以内にPCR検査を完了
しなければならない。検査は、中国の在外公館が指定又は認可する機関で行わなければならない。

2.中国籍の乗客は、「防疫健康コード」の国際版ミニアプリを通して、PCR検査の陰性証明の
写真を撮影し、アップロードする。

3.外国籍の乗客は、PCR検査の陰性証明を以て中国在外公館に健康状況声明書を申請する。

4.関連航空会社は、健康コードの状態と健康状況声明書の搭乗前の確認を担当する。
関連要求に適合しない乗客は、搭乗できない。各航空会社は、検査の手続きを厳格に履行しなけれ
ばならない。

5.乗客は、虚偽の証明及び情報を提供した場合、相応の法律上の責任を負わなければならない。

6.中国大使館は、駐在国のPCR検査能力を真摯に評価し、条件が整った時に具体的な実施方法
を発表する。

この発表に対し中国駐日本大使館(中国大使館)領事部は以下のように発表しています。
→→ 現在、日本から中国に向けて出発する乗客は、核酸検査陰性証明書を提示する必要はありま
せん。発表された内容の運用に関し、在日中国大使館および領事館は日本の核酸検査対策の実施な
どを包括的に判断、追って具体的な実施措置を発表します。


▼▼▼中国ビザオンライン申請▼▼▼
中国ビザ申請サービスセンター(中国査証申請服務中心)東京は中国査証を7月29日(水)よりオン
ライン申請とする旨を発表しました。申請方法はこちらをご確認ください
(申請の流れ→高速リンク→査証)
https://bio.visaforchina.org/TYO2_JP/


▼▼▼上海市における新たな隔離措置(7日間の集中隔離+7日間の自宅隔離)▼▼▼
在中華人民共和国日本国大使館 作成文章引用

上海市は、7月27日の0時から、上海市に入境する方に対して、条件付きの「7日間の集中隔離+7日
間の自宅隔離措置」を実施すると発表しました。

概要は以下のとおりです。

1.目的地が上海市で、自宅隔離の条件を満たし、自宅隔離を希望する方

・目的地が上海市で、上海市に固定的な住居を有し、自宅隔離条件(1世帯1人または1世帯1住居で
あること、あるいは同居者が共に自宅隔離されることを承諾していること)を満たす人員が自宅隔
離を申請した場合、集中隔離(指定施設での隔離)の5日目に核酸検査を行う。
・結果が陰性であれば、8日目に各区から専門スタッフ及び専用車を手配して集中隔離場所から住
居に移送し、7日間の自宅隔離を実施する。
・自宅隔離終了の前に、本人及び共に自宅隔離されている人員は再度の核酸検査を受ける。結果が
陰性の場合、自宅隔離満7日後に隔離措置を解除する。

2.目的地が江蘇省、浙江省、安徽省の方

・目的地が江蘇省、浙江省、安徽省の人員に対しては、集中隔離の5日目に核酸検査を行う。
・結果が陰性である場合、集中隔離から7日後に、三省が専門スタッフ及び専用車を手配して指定
隔離施設から目的地に移送し、健康観察を継続する。

3.上記1及び2以外の方

・目的地が上海市であって、自宅隔離を望まない人員や、自宅隔離条件を満たさない人員に対して
は、上海市で14日間の集中隔離を実施する。
・目的地が上海市、江蘇省、浙江省、安徽省以外の人員に対しては、上海市で14日間の集中隔離
を実施する。

4.その他の措置

・高齢者、未成年者、妊産婦、行動に不自由のある人員、高齢者あるいは子供を看護する必要のあ
る人員、基礎疾患を有する等の理由によって集中隔離に適さない人員は、各区にて核酸検査を行い、
結果が陰性かつ自宅隔離条件を備えている場合には、厳格な審査を経た後、自宅隔離を申請するこ
とができる。

隔離住居は一戸建て、マンション等隔離可能な密閉性のある一室を指します。

隔離中の毎日の体温検査、食料品と生活用品のデリバリーなどは所在地のコミュニティ(社区居委
会)が担当することとなる予定です。

外国人の住民に対し、少なくとも英語の通訳が付くことが予想されます。

またここで言う核酸検査はPCR検査で、空港到着後、中間(5日目)、終了前(14日目より前)
2回の検査が必要です。隔離期間中の2回の検査は有料とのことです。

━━━━━━━━━━━━━━━━━+ 編集後記 +━━━━━━━━━━━━━━━━━
メルマガを最後までお読みいただきありがとうございました。
次号は予定通り、7月31日、金曜日に配信予定です。(編集:Y.M/S)
| http://www.nicchu.co.jp/nicchublog/index.php?e=1565 |
| メルマガ | 11:50 AM | comments (x) | trackback (x) |
PAGE TOP ↑