日中平和観光株式会社の中国情報館
最新記事
カテゴリー
サイト内検索
カレンダー
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
<<前月 2020年10月 次月>>
リンク
RSS
運営者情報

☆ こだわりの中国情報館メルマガ ☆  VOL.440 (8/28配信)
【今週のトピックス】 
★9月14日・30日予定、成田/武漢 チャーター便手配可能
 チャーター便航空券と隔離監査期間中の宿泊・食事・通訳・PCR検査の手配をセットで承ります。

★8月22日、日本人に向けたビザ発給拡大政策を発表
 現在有効な居留許可証を所持する駐在員とその家族に対するビザ発給の優遇措置が発表されました。

▼▼▼日中間フライト状況▼▼▼ [継続情報]
中国の航空当局からの通達により3月29日以降日本を含むすべての国際線航空便は、1社・
1路線・週1回のみの運航となり(この政策を中国では“五个一”と呼んでいます。一航空公司/
一航空会社、一个国家/一か国、一条航線/一路線、一周/一週間、一个航班/一便 の
規定です)さらに首都・北京空港への直行便はすべて運休、現在もその政策が原則継続され
ています。

6月4日、中国民用航空局は国際線旅客便の調整に関する通知として、旅客のPCR検査の
結果による奨励措置、罰則措置の実施を発表しました。

奨励措置:同じ路線の同じ便で入国後のPCR検査の陽性人数が3週間連続ゼロの航空会社に対し、
運営許可の許す範囲内で週2便まで増便可能
罰則措置:同じ路線の同じ便で入国後のPCR検査の陽性人数が5人確認された場合は1週運休、
10人確認された場合は4週運休

日中間においての五个一政策は、9つの航空会社が週1便運航でスタートしましたが、現在は
1週間に18便が定期運航しています。需要過多の状況に変わりはなく、またわずかな座席の
予約方法には様々な制限があり、座席確保が困難な状況が続いています。それに伴い航空券
価格は高騰しています。

現時点での日中間直行便運航予定は、以下の [日中間路線運航リスト] をご参照下さい。
www.nicchu.co.jp/2020_flight_list.pdf

また日中間路線のある主な航空会社のホームページは以下の通りです。
(運航情報は変更することがあります。最新の情報は弊社担当者または各社のホームページで
ご確認下さい。)

<日系>
全日空(ANA)  https://www.ana.co.jp/ja/jp/international/
日本航空(JAL) https://www.jal.co.jp/inter/
春秋日本  https://jp.ch.com/
<中国系>
中国国際航空 https://www.airchina.jp/
中国東方航空 https://jp.ceair.com/ja/ 
中国南方航空 https://global.csair.com/JP/JP/Home
上海吉祥航空 http://jp.juneyaoair.com/
厦門航空  https://www.xiamenair.com/ja-jp/
春秋航空  https://jp.ch.com/
深セン航空  http://www.shenzhenair.com/
長竜航空  https://www.loongair.cn/#/web/home
山東航空  http://www.sda.cn/


▼▼▼チャーター便運航・弊社手配可能▼▼▼  [最新情報]
今後運航が予定されるチャーター便情報をお知らせいたします。
チャーター便の性質上、運航に関する情報を航空会社は開示しないため、弊社独自の信頼できる
ネットワークにより情報を収集しております。

<運航予定>
・9月14日(月) 成田13:00→武漢16:00*予定時間 中国南方航空(CZ)  約120名
・9月30日(水)  <9月14日運航便とほぼ同様となる見込み>

●弊社では上記2便に関し、国際線航空券と隔離監査14日間の宿泊ホテル、食事、通訳、
PCR検査を一纏めとした手配が可能です。また武漢より目的地までの中国国内線航空券手配も
可能です。詳細は各支店営業担当者までお問合せ下さい。

各都市の日本商工会等は会員企業にアンケートを取るなどして、チャーター機運航の要不要を
検討しており、今後もチャーター便の運航が継続されるものと思われます。

外務省が対中国感染症危険度のレベル3(渡航中止勧告)を維持していることから、チャーター便の
運航計画は関係者内部において極めてセンシティブに扱われているようです。


▼▼▼五个一罰則規定実施▼▼▼ [最新情報]
中国民航局の公式サイトによればこれまで下記の2路線に対し、一時停止措置が発動されて
いるとのことです。

1. 8/12 中国東方航空(MU212) マニラ発/上海着 陽性者9名確認 8/24より運航停止1週間
                    
2. 8/15 上海吉祥航空(HO1606) シンガポール発/上海着 陽性者8名確認
                      8/24より運航停止1週間
尚、PCR検査陽性者数が再度規定数以上確認された場合は、運航停止期間が延長されるとの事です。


▼▼▼中国査証(ビザ)取得状況▼▼▼ [継続情報]
日本人の中国滞在15日間までの査証免除措置は、3月30日よりビジネスや親族訪問を含め、すべ
てが暫定停止となりました。また3月28日(土)以前に有効であった訪中査証および居留許可を有する
外国人の入国も、暫定的停止の措置が実施されています。現在中国入国が可能な外国人は、外交、
公用、礼遇、乗務員(Cビザ)査証を持つ方、永久居留許可を持つ方及び、実質3月30日以降に発行
された中国査証を持つ方です。

6月以降、ビジネス目的の訪中に対し行政単位(各省の人民政府外事弁公室や商務庁)より招聘状が
発給され、ビザ発給案件が増えてまいりました。招聘状発給を求める際には当局に対し当該者の
渡航が急を要し且つ重要であり、またその業務が専門的であることなどを強く訴える必要があります。


▼▼▼日本人に向けたビザ発給拡大の政策▼▼▼ [最新情報]
中国駐日本大使館は8月22日、現在有効な居留許可証を所持する駐在員とその家族に対するビザ
発給の優遇措置を発表しました。
http://www.china-embassy.or.jp/chn/lsfws/t1808316.htm

ビザ申請時はパスポートの他に申請表と健康承諾書(過去14日間の健康状況の自己申告書)を
提出、これ以外の書類は不要とあります。日中間のビジネス往来の正常化に向けた規制緩和に
期待の声が上がっています。

しかし本日現在までこの規定に則った申請はスタートしていません。
現在有効な居留許可証の有効期限等が提示された後、申請がスタートするものと思われます。


▼▼▼中国ビザオンライン申請▼▼▼ [継続情報]
東京申請は8月以降原則オンライン申請、その他都市での申請は段階的にオンライン申請に切り替え、
9月より本格稼働の予定です。(申請書作成時に必ずオンライン申請のツールを利用する必要が
あります。ビザ申請そのものがオンラインで完了するわけではありません)

申請方法はこちらをご確認ください(申請の流れ→高速リンク→査証)
https://bio.visaforchina.org/TYO2_JP/

誤った情報を入力完了してしまった場合でも、入力済みデータを取り出し訂正することができます。
写真の差し替えも可能です。訂正再入力や写真差し替えたものの新たな申請書番号が割り振られます。

写真の取り込みには十分注意が必要です。
無帽・無背景の証明写真(背景色が白以外は自動判別で拒否されます)
https://bio.visaforchina.org/template/common/photoRequirementsModal-en.html

オンライン申請を用いて作成された申請書見本(全9ページ)
http://www.nicchu.co.jp/ApplyForm_TYO.pdf

健康承諾書フォームはこちらから(提出は中国語版のみです)
http://www.nicchu.co.jp/2020_visa.pdf


▼▼▼中国入国状況▼▼▼ [継続情報]
現在日中間の運航便は、上海浦東空港、瀋陽桃仙国際空港、大連周水子国際空港、ハルビン太平
国際空港、福州長楽国際空港等に到着、入国される方には衛生検疫と入国地での14日間の隔離
健康観察を一律実施するとしています。入国時と当隔離期間にPCR検査計2回と血清抗体検査1回
を実施します。また隔離健康観察中の宿泊と食事費用、一部検査費用は自己負担です。

上海市は条件付きの「7日間の集中隔離+7日間の自宅隔離措置」を実施しています。

中国入国地点で隔離観察期間を経て他都市へ移動した場合、その都市で新たな隔離観察措置を
取るケースがあります。


▼▼▼中国各地の健康コード取得のためのQRコード▼▼▼
中国当局検疫の指示により、中国入国に際し「健康電子入力完了画面の提示」が求められます。
中国税関および中国各地で使われている健康コードのQRコード一覧を作成しました。
http://www.nicchu.co.jp/QR_code.pdf
WeChatアリペイ、アプリストアからのダウンロードなどがあります。


▼▼▼日本入国状況▼▼▼
現在も中国を含む海外より日本に帰国された方々においてもPCR検査や待機が求められています。
詳細は以下をご確認ください。
http://www.nicchu.co.jp/2020_nicchu_heiwa_news.pdf

厚生労働省 水際対策の抜本的強化に関するQ&A
https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/kenkou_iryou/covid19_qa_kanrenkigyou_00001.html#Q2-5


◆◆◆現地情報◆◆◆
【上海のホテル稼働率回復傾向】
上海市文化観光局の最新の統計によると、8月9~15日の1週間の上海のホテル客室平均稼働率は
65.8%、このうち5星ホテルの稼働率は67.4%に達しました。

新型コロナウイルスの影響で、今年2月の同市のホテル稼働率は6%まで落ち込みましたが、省を
またぐ国内旅行が7月に再開されてから1か月、上海のホテル業界は徐々に回復傾向にあるとみられます。


【北京市屋外ではマスク着用不要】
北京市疾病予防管理センターは8月21日、同行者以外の他者との距離が近い場合を除き、屋外で
活動する際はマスクの着用はしなくてよいと発表しました。

上海市疾病予防管理センターでも、屋外での活動の際はマスク不要、公共交通機関に乗る際はマスク
着用するようにと発表しています。


【北京・上海日常生活】
今回は、北京から届いた映像をご紹介します。

動画はコチラから↓↓
北京:頤和園の様子  https://youtu.be/SZY1SNvkx-k

北京の有名な観光地頤和園の様子を北京事務所のスタッフが撮影しました。
平日の朝の撮影とのことで観光客は少なめでしたが、中国国内の観光団体は観光を楽しんでいるようです。
マスクをしている人も上海に比べると少し多いイメージでしょうか。
入場券は窓口ではなく、みなWeChatでQRコードをスキャンし購入しているようです。日本より進んで
いますね。携帯を使い慣れない老人たちは、年間パスポートを持っているので問題無いのだそうです。


◆◆◆「貴州省日本観光センター」◆◆◆
貴州省の文化に特化したパンフレットが完成しました!!
Colorful Guizhou(多彩貴州)
https://www.adjustbook.com/doc/Index/show/us/4164/bk/14239

貴州省日本観光センターは日本の皆様に広く貴州省の魅力を知っていただくため、貴州省文化和
旅游庁の広報センターとして日中平和観光内に設置されています。主な活動は、
(1)貴州省の豊富な観光資源と文化のピーアール
(2)貴安新区のビッグデータ産業や天眼(天体望遠鏡)をはじめ将来に期待されるたくさんの産業の
   紹介
(3)日本における貴州省の紹介イベントの開催
(4)日本と貴州省の双方向交流 などです。貴州省に関するお問い合わせはセンタースタッフが
ご対応いたします。お気軽にお問合せください。
http://www.kishu-kanko.com/  

懐かしさを感じる中国貴州省への旅[貴州遊]
https://www.adjustbook.com/doc/Index/show/us/4164/bk/12829

動画で貴州を見てみてください。
http://nicchu.co.jp/kishu_doga/index.html


◆◆◆厳選・国内旅行◆◆◆
ANAで行く フリープラン沖縄
http://www.nicchu.co.jp/pdf/2020_okinawa02.pdf

満蒙開拓平和祈念館 1泊2日の旅
http://www.nicchu.co.jp/pdf/2020_nagano_bustour02.pdf

青森の大自然・奥入瀬渓流を訪ねる旅
http://www.nicchu.co.jp/pdf/2020_aomori_tour.pdf



≪弊社SNS≫--------------------------------------------------------------------------
Facebook https://www.facebook.com/nicchupeacetravel
Twitter  https://twitter.com/NICCHU_HEIWA


≪外務省、領事館、大使館等情報、その他≫--------------
◆在中国日本大使館
 https://www.cn.emb-japan.go.jp/itprtop_ja/index.html
◆外務省海外安全ホームページ
https://www.anzen.mofa.go.jp/
◆在日本中国大使館
 http://www.china-embassy.or.jp/jpn/

━━━━━━━━━━━━━━━━━+ 編集後記 +━━━━━━━━━━━━━━━━━
先週までセミの大合唱がうるさいくらいでしたが日も少し短くなり、今週は夜風にのって
秋の虫の声を聴くようになりました。まだまだ昼間は酷暑が続いていますが、着実に季節は
巡っているのですね。

メルマガを最後までお読みいただきありがとうございました(編集:Y.M/S、R/K)
| http://www.nicchu.co.jp/nicchublog/index.php?e=1570 |
| メルマガ | 10:27 AM | comments (x) | trackback (x) |
PAGE TOP ↑