日中平和観光株式会社の中国情報館
最新記事
カテゴリー
サイト内検索
カレンダー
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31       
<<前月 2021年01月 次月>>
リンク
RSS
運営者情報

こだわりの中国情報館メルマガ VOL.452 (2020年11月13日配信)
【今週のトピックス】 
★中国査証発給条件の一部変更 続報
 バーコード付き招聘状(邀請函/PU)の発給が一部制限されています。

★中国系航空会社・航空券手配
 航空会社HPやコールセンターのみで販売されていた航空券の当社手配が一部可能になり
 ました。

▼▼▼中国査証発給条件の一部変更▼▼▼ [重要]
2020年11月2日以降の申請は、中国の省政府クラスの商務庁または人民政府外事弁公室が
発行したバーコード付き招聘状(邀請函/PU)がある方及び、中国にいる直系親族の看病
あるいは葬儀参列などの人道目的(所定の条件あり)の方のみ受付が可能です。

現在バーコード付き招聘状(邀請函/PU)の発給に一部制限がかかり、SおよびQ査証(家族
査証)取得のための招聘状発給が多くの都市で滞っています。またM査証(商用査証)取得の
ための招聘状発給も、一部の都市で発給要件の厳格化が進んでいます。中国は各国、特に
欧米諸国の新型コロナウイルスの感染拡大を受け、海外からの感染輸入を食い止めるための
措置を講じており、招聘状発給が滞る状況もこれに起因するものと察します。

ビザの受理範囲と条件の部分的な調整に於けるお知らせ(中国ビザセンター・東京)
https://bio.visaforchina.org/TYO2_JP/generalinformation/news/283431.shtml


▼▼▼中国系航空会社航空券手配▼▼▼ [最新・重要]
4月以降、中国系航空会社の航空券販売は、主に航空会社HPやコールセンターに限定されて
おりましたが、一部の航空会社の航空券手配が当社でも可能となっています。詳細は営業
担当へお問合せください。


▼▼▼日中間フライト状況▼▼▼
日中間のフライトは両国の渡航制限によりわずかな便のみが運航しています。
http://www.nicchu.co.jp/china_flightinfo.pdf
全日空(ANA)  https://www.anahd.co.jp/ja/jp/topics/notice200206/
日本航空(JAL)  https://www.jal.co.jp/jp/ja/info/2020/inter/201101/index.html

現時点での日中間定期便の運航は週26便です。 [日中間路線運航リスト] をご参照下さい。
http://www.nicchu.co.jp/2020_flight_list.pdf

入国都市から北京・上海への乗継リスト
http://www.nicchu.co.jp/2020_Transit_list.pdf


▼▼▼中国査証(ビザ)取得状況▼▼▼ 
中国入国が可能な外国人は外交ビザ等一部の査証所持者および、実質3月30日以降に取得
された現在有効な査証を所持する方と、一部の居留許可を持つ方です。
http://www.nicchu.co.jp/china_visa_info.pdf


▼▼▼中国査証取得までのフローチャート▼▼▼ 
中国査証取得までのフローチャートを作成しました。中国ビザセンター(東京・名古屋・
大阪)、中国大使館福岡領事館での申請に関し、現時点での必要書類を掲載しています。
http://www.nicchu.co.jp/visa_flowchart.pdf


▼▼▼中国ビザオンライン申請▼▼▼ 
中国査証は9月よりオンライン申請となりました。(申請書作成時に必ずオンライン申請の
ツールを利用する必要があります。ビザ申請そのものがオンラインで完了するわけでは
ありません)
http://www.nicchu.co.jp/china_onlinevisa.pdf

中国査証申請先は管轄により中国ビザ申請サービスセンター(東京・名古屋・大阪)及び
中国総領事館(札幌・新潟・福岡・長崎)です。また査証申請はオンラインでの予約制です。


▼▼▼日本発中国行きPCR検査の実施概要▼▼▼  
11月8日搭乗分より日本から中国に渡航するすべての乗客は、航空機搭乗前2日以内検査の
新型コロナウイルスPCR検査及び、血清IgM抗体検査のダブル陰性証明の取得が義務付け
られました。
http://www.nicchu.co.jp/2020_PCR_info.pdf


▼▼▼中国入国状況・健康コード▼▼▼
中国の各空港では、日本より入国される方には衛生検疫と入国地での14日間の隔離健康
観察を一律実施するとしています。上海市は条件付きの「7日間の集中隔離+7日間の自宅
隔離措置」を実施、しています。また中国当局検疫の指示により、中国入国に際し「健康
電子入力完了画面の提示」が求められます。
http://www.nicchu.co.jp/china_code.pdf

中国入国後14日間の隔離期間を経て目的地に移動した際に、移動都市で再び隔離やPCR検査を
求められる場合があります。同じエリアを目的地として訪問された事例が周りにない方、特に
地方都市を出張目的地に入れている方は、現地企業を通じ、受け入れ都市・区等の隔離政策を
今一度ご確認されることをお勧めいたします。


▼▼▼日本入国時感染症対策措置▼▼▼
日本政府は10月30日、中国を含む9つの国と地域の感染症危険情報レベルを、レベル3から2へ
引き下げました。引き下げに伴い11月1日以降、当該地域からの帰国、入国の際は日本到着時の
新型コロナ感染症検査は原則不要となります。また外国人の新規入国及び再入国の場合の、
出国前72時間以内の新型コロナ感染症検査証明も不要となります。
http://nicchu.co.jp/2020_nicchu_heiwa_news_2.pdf


◆◆◆現地情報◆◆◆
【上海で約4か月ぶりに国内症例確認】
上海市衛生当局は11月9日浦東新区にて新型コロナウイルス患者を1名確認したと発表しました。
患者は浦東国際空港の関連施設で働く50代の男性で、濃厚接触者などおよそ180名が強制隔離
されました。海外からの輸入症例ではない国内症例については、6月30日以降確認されていなかっ
たため、市内では警戒感が高まっています。
さらに10日には、安徽省阜陽市でも1名確認されたと発表。この患者は上海で発見された患者の
同僚で濃厚接触者だったとのことです。


◆◆◆「貴州省日本観光センター」◆◆◆
Colorful Guizhou(多彩貴州)
https://www.adjustbook.com/doc/Index/show/us/4164/bk/14239

貴州省日本観光センターは日本の皆様に広く貴州省の魅力を知っていただくため、
貴州省文化和旅游庁の広報センターとして日中平和観光内に設置されています。主な活動は、
(1)貴州省の豊富な観光資源と文化のピーアール
(2)貴安新区のビッグデータ産業や天眼(天体望遠鏡)をはじめ将来に期待されるたくさんの
   産業の紹介
(3)日本における貴州省の紹介イベントの開催
(4)日本と貴州省の双方向交流 などです。
貴州省に関するお問い合わせはセンタースタッフがご対応いたします。
お気軽にお問合せください。
http://www.kishu-kanko.com/  

懐かしさを感じる中国貴州省への旅[貴州遊]
https://www.adjustbook.com/doc/Index/show/us/4164/bk/12829

動画で貴州を見てみてください。
http://nicchu.co.jp/kishu_doga/index.html


◆◆◆厳選・国内旅行◆◆◆
GoToトラベルキャンペーンのご案内
http://nicchu.co.jp/2020_gototravel_campaign.pdf

取扱商品ラインナップ
http://nicchu.co.jp/2020_JTB_lineup_b.pdf

安心と一緒に、憧れの温泉宿に出かけませんか
http://www.nicchu.co.jp/pdf/2020_hotel.pdf
http://www.nicchu.co.jp/pdf/2020_hotel_vol2.pdf

ANAで行く フリープラン沖縄
http://www.nicchu.co.jp/pdf/2020_okinawa_10.11.12_1.pdf

≪弊社SNS≫------------------------------------------------------------
Facebook https://www.facebook.com/nicchupeacetravel
Twitter  https://twitter.com/NICCHU_HEIWA


≪外務省、領事館、大使館等情報、その他≫--------------
◆在中国日本大使館
 https://www.cn.emb-japan.go.jp/itprtop_ja/index.html
◆外務省海外安全ホームページ
 https://www.anzen.mofa.go.jp/
◆在日本中国大使館
 http://www.china-embassy.or.jp/jpn/

━━━━━━━━━━━━━━━━━+ 編集後記 +━━━━━━━━━━━━━━
11月7日は立冬でした。暦の上ではもう冬ですね。
北京など中国北部では立冬に水餃子を食べる習慣があります。寒さのあまり耳がおちる
という説があり、形が似ている餃子を食べて耳が落ちないように願う習慣があったそう
です。暖かい水餃子で体を温め栄養補給をして冬を乗り切ろう!ということかもしれま
せんね。

メルマガを最後までお読みいただきありがとうございました(編集:Y.M/S、R/K)
| http://www.nicchu.co.jp/nicchublog/index.php?e=1582 |
| メルマガ | 10:02 AM | comments (x) | trackback (x) |
PAGE TOP ↑