日中平和観光株式会社の中国情報館
最新記事
カテゴリー
サイト内検索
カレンダー
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
<<前月 2021年04月 次月>>
リンク
RSS
運営者情報

こだわりの中国情報館メルマガ VOL.468 (2021年2月26日配信)
【今週のトピックス】 
★中国大使館は日本からの渡航者の健康コード登録要件を一部調整
 新型コロナ感染症罹患歴がある方、PCR等検査結果の陽性履歴がある方の申請要件を含む
 発表です。

★3月5日より北京にて開催予定の全人代を見据えた、コロナ感染防止の強化
 現在の北京の状況を一問一答形式でご案内します。

★「中国渡航事情・ビザ手続き・中国入国についての現状」WEBセミナー開催
 2月25日(木)、日中経済貿易センター第83回専門講演会として実施されました。

▼▼▼中国大使館は日本からの渡航者の健康コード登録要件を一部調整▼▼▼[最新・重要]
2月24日、中国大使館は日本から中国への渡航者が申請する健康コード登録の申請要件調整を
発表しました。過去に新型コロナウィルス感染症に罹患したことのある方、PCR等検査結果が
陽性となった事のある方に対し、追加書類の提示を求める内容があります。

●中国大使館発表(中国語)
http://www.china-embassy.or.jp/chn/sgxxs/t1856229.htm

<抜粋・仮訳>
三.新型コロナ感染罹患歴がある方、PCR等検査結果の陽性履歴がある方は、その病状や検査
状況を適切に報告し、以下資料をアップロードし申請をしなければいけない
1.肺のCTまたはX線結果を含む診断書(肺に異常がないまたは、新型コロナが治癒したことを
  示す)および、2回のPCR検査陰性の診断証明書(2回の検査は最低24時間の間隔が必要)
2.上記の要件を完了の後、14日以上の自己隔離管理および健康状況チェックを実施し、健康
  状況に異常がないことを確認し、[自我隔離管理承諾書]を記載、アップロードする。
  ※欄外にある[自我隔離管理承諾書]をダウンロードし使用
3.搭乗2日前に中国大使館が指定する検査機関にてPCRおよび抗体検査を実施、ダブル陰性
  証明を取得する。


▼3月5日より北京にて開催予定の全人代を見据えた、コロナ感染防止の強化▼[最新・重要]
全人代(全国人民代表大会)が開催される北京市において、新型コロナ感染防止策が強化されて
おり、鉄道利用者に対しても、3月15日まで北京に向かう全ての乗客に、7日以内の新型コロナ
陰性証明の提示が義務付けられました。春節の際の帰省者にとっても同様でしたが、陰性
証明は「通行証」の役割を果たし、より迅速で正確かつ安価な検査が求められています。

PCR検査やワクチン接種に関し、弊社北京事務所所長との一問一答をご紹介します。
(中国人と居留する外国人は同様の扱いです)

<Q1>
北京でのPCR検査費用負担は誰か。
<A1>
感染者を探し出すために政府が主導する検査費用は全て政府負担、
それ以外は個人負担。(地方に出かけたいためなど)個人負担分の医療保険適用可。

<Q2>
北京での検査費用はいくらか。
<A2>
1月28日以降、80元/名・「5 in 1」30元/名・「10 in 1」20元/名
(検査開始時、180元/名・「5 in 1」120元/名・「10 in 1」80元/名 段階的に値下げ実施)
※「5 in 1」→5人混合採取検査 「10 in 1」→10人混合採取検査
陽性の場合、混合採取された5人ないし10人が個別に再検査を受ける。
(1元=約16.5円/費用額は地域により若干異なる)

<Q3>
北京の検査会場はどうなっているか。
<A3>
全市範囲でPCR検査を行う病院は252箇所あり、住居地の近くに必ず数箇所ある。
一般の病院は病棟とは別に、専門の検査場所を設けている。
1月は受検者が多く並ぶことがよくあった。現在はほとんど並ばず、事前予約で即受検可。
市中感染が発生した際は、住居地を中心に臨時検査会場を設けて実施した。

<Q4>
検査方法は何か。(唾液、喉粘膜採取、鼻粘膜採取など)
<A4>
ほとんど鼻粘膜採取

<Q5>
検査結果の取得方法はどうしているか。
<A5>
検査病院へ行き検査結果を印刷するまたは、北京健康宝(アプリ)で確認。
早ければ6時間後、遅くとも翌日には検査結果の取得可能。

<Q7>
ワクチンの種類や輸送等は何か、また何か問題はあるか。
<A7>
中国のワクチンは不活化ワクチンで、運送や保存時は要冷蔵(2~8度)
今の所問題はない。

<Q7>
接種状況はどうか
<A7>
ワクチン接種は進んでいる。
政府はワクチンの接種を呼びかけているが、強制ではない。
接種したい人は住居地の予約アプリを通して予約、無料で接種できる。
北京市の場合、ほとんど居所地でワクチン接種を行う。
北京市朝陽区は管轄内のワクチン接種率80%以上の企業等に「ワクチン接種状況告知書」を
発行。(接種率の高さを示し、来訪者に安心感を与える事が目的)


▼「中国渡航事情・ビザ手続き・中国入国についての現状」WEBセミナー開催▼[最新・重要]
2月25日(木) 14:00~15:00(一社)日中経済貿易センターが主催される第83回専門講演会と
して、弊社スタッフによる「日本→中国渡航事情・ビザ手続き・中国入国についての現状」
セミナーが実施されました。

おかげ様で1,000名弱の方々にご視聴いただきました。
皆様ありがとうございました!!

弊社ホームページにセミナーレジュメと動画をアップしました。(期間限定)
レジュメ: http://www.nicchu.co.jp/pdf/0225seminar.pdf
動 画 : http://www.nicchu.co.jp/0225seminar.html


▼▼▼日中間ビジネストラック・レジデンストラック(運用停止中)▼▼▼
http://nicchu.co.jp/china_business_residencetrack.pdf


▼▼▼日中間フライト状況▼▼▼
http://www.nicchu.co.jp/china_flightinfo.pdf
 全日空(ANA)
 ~4月18日 https://www.anahd.co.jp/ja/jp/topics/notice200206/
 日本航空(JAL)
 3月 https://www.jal.co.jp/jp/ja/info/2021/inter/210301/index.html
 4月 https://www.jal.co.jp/jp/ja/info/2021/inter/210401/index.html

●日中間路線運航リスト
www.nicchu.co.jp/2020_flight_list.pdf

●入国都市から北京・上海への乗継リスト
http://www.nicchu.co.jp/2020_Transit_list.pdf


▼▼▼中国査証(ビザ)取得状況▼▼▼ 
http://www.nicchu.co.jp/china_visa_info.pdf

●中国査証取得までのフローチャート
http://www.nicchu.co.jp/visa_flowchart.pdf


▼▼▼中国査証オンライン申請▼▼▼ 
http://www.nicchu.co.jp/china_onlinevisa.pdf

●中国査証申請・生体情報採取
http://nicchu.co.jp/2020_nicchu_heiwa_news_3.pdf


▼▼▼日本発中国行きPCR検査の実施概要▼▼▼  
http://www.nicchu.co.jp/2020_PCR_info.pdf


▼▼▼グリーン健康コード申請手順▼▼▼
http://nicchu.co.jp/healthcode_china.pdf
<注意事項・重要>
中国行き航空便は[グリーン健康コード]を提示しなければ、チェックインカンターに並ぶ
ことができません。指定日に指定された検査機関で受検し発行された[ダブル陰性証明書]を
持参されても、スマートフォンでグリーン健康コードを提示できない方は、一切搭乗が認め
られませんので十分ご注意下さい。


▼▼▼中国入国隔離状況・健康コード▼▼▼
http://www.nicchu.co.jp/china_code.pdf

●外務省海外安全HP(中国)
https://www.anzen.mofa.go.jp/od/ryojiMail.html?countryCd=0086

●日本出発時~中国到着後の流れ
http://www.nicchu.co.jp/2020_news.pdf


▼▼▼日本入国時感染症対策措置▼▼▼
http://nicchu.co.jp/2020_nicchu_heiwa_news_2.pdf


◆◆◆現地情報◆◆◆
【ユニバーサル・スタジオ・北京 5月に正式オープンへ】
北京市通州区は、2014年に着工したユニバーサル・スタジオ・北京リゾート(北京環球度假区)
が、2021年5月に正式に開園する予定であると発表しました。ユニバーサルスタジオ北京は、
北京市東部の通州区梨園鎮に位置し、世界で5番目、アジアで3番目のユニバーサル
スタジオとなり、パーク一体型ホテルも建設されており、完成すれば米国のユニバーサル
スタジオを超えて、世界最大規模となります。

開業後は、年間約1000万人以上の来場者を見込んでいるということです。同テーマパークの
テスト版のアプリもリリースされており、各エリアのアトラクションなどを確認することができます。

【元宵節:旧暦の新年最初の満月の日】
旧暦1月15日(今年は2月26日)は元宵節です。この日は、旧正月(春節)を締めくくる日でも
あり、軒先に赤い提灯を飾り、家族でお団子(湯圓:タンユエン、元宵:ユエンシャオ)を食べる
習慣があります。

日本だと、餡の入った白玉団子といえば、イメージが近いと思います。このお団子ですが、中国の
北方地域では元宵と呼び、南方地域では湯圓と呼ばれます。材料は同じですが、「包湯
圓、揺元宵(包んで作る湯圓、転がして作る元宵)」といわれ、作り方がことなります。
いずれも元宵節には欠かせない食べ物であり、家族団らん、調和と円満など、新しい
1年が円満であるようにとの願いが込められています。


◆◆◆「貴州省日本観光センター」◆◆◆
Colorful Guizhou(多彩貴州)
https://www.adjustbook.com/doc/Index/show/us/4164/bk/14239

貴州省日本観光センターは日本の皆様に広く貴州省の魅力を知っていただくため、
貴州省文化和旅游庁の広報センターとして日中平和観光内に設置されています。主な活動は、
(1)貴州省の豊富な観光資源と文化のピーアール
(2)貴安新区のビッグデータ産業や天眼(天体望遠鏡)をはじめ将来に期待される
  たくさんの産業の紹介
(3)日本における貴州省の紹介イベントの開催
(4)日本と貴州省の双方向交流 などです。
貴州省に関するお問い合わせはセンタースタッフがご対応いたします。お気軽にお問合せください。
http://www.kishu-kanko.com/  

懐かしさを感じる中国貴州省への旅[貴州遊]
https://www.adjustbook.com/doc/Index/show/us/4164/bk/12829

動画で貴州を見てみてください。
http://nicchu.co.jp/kishu_doga/index.html


≪弊社SNS≫--------------------------------------------------------------------------
Facebook https://www.facebook.com/nicchupeacetravel
Twitter  https://twitter.com/NICCHU_HEIWA


≪外務省、領事館、大使館等情報、その他≫--------------
◆在中国日本大使館
 https://www.cn.emb-japan.go.jp/itprtop_ja/index.html
◆外務省海外安全ホームページ
 https://www.anzen.mofa.go.jp/
◆在日本中国大使館
 http://www.china-embassy.or.jp/jpn/


━━━━━━━━━━━━━━━━━+ 編集後記 +━━━━━━━━━━━━━━
気がつけば来週からはもう3月。会社員の方は、異動や年度末であわただしい時期ですね。
リモートワークがニューノーマルとなったとは言え、やはり人と人との繋がりは、オンラインだけ
でなく、実際に対面しないと実感できない…と思います。私は。
弊社東京支店の接客ブースは、パテーションを置き、その都度消毒をしながら、皆様のご来社に
備えています。

メルマガを最後までお読みいただきありがとうございました(編集:Y.M/S、R/K)
| http://www.nicchu.co.jp/nicchublog/index.php?e=1598 |
| メルマガ | 11:07 AM | comments (x) | trackback (x) |
PAGE TOP ↑