日中平和観光株式会社の中国情報館
最新記事
カテゴリー
サイト内検索
カレンダー
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30       
<<前月 2019年06月 次月>>
リンク
RSS
運営者情報

北京事務所便り 春節の風景
 春節休みの四日目、本日2月3日の午前08:30の写真を紹介します。
 
 昨日までは曇で三日連続で大気汚染が続きましたが、昨晩からの強風で今日は一気に晴れてきて、良い天気となりました。

 正月初日は曇りで大気汚染がひどい日でした。 街には歩く人が少ないし、車も少ないです。 元日の朝9時頃の写真を紹介します。
 
               春節初日の街

 十字路の信号前でも信号待ちの車がほとんどありません。まるで、30年前の昔北京に戻ったようです。

 元日の朝、たまたま結膜炎で朝陽病院に行きました。朝陽病院は北京の大型総合病院で3甲病院と呼ばれております。(北京市所属の3甲病院は16軒)
 
               病院1Fの受付

 お正月でも通常営業しておりますが、お医者さんは交代出勤です。
 
               眼科の受付

広い病院のホールは患者は少なく、お医者さんや係員が患者さんを待つ様子は、まるで海外の病院に入ったような感じがしました。

 大晦日の春節公演会を深夜まで見て、お正月の初日は自宅で朝寝坊をするのが通例です。 昼ご飯は前夜に作った餃子を食べます。正月の二日目からは親戚同士の挨拶回りをします。 特に嫁入りした娘が実家に帰る習慣がありますが、一人っ子家庭の現在、息子、娘ともどちらも一人っ子のため、どちらの実家に先に帰るかは若い夫婦の口喧嘩の原因にもなります。 昔の正月の伝統がだんだん薄れてきているようです。
| http://www.nicchu.co.jp/nicchublog/index.php?e=540 |
| 北京事務所だより | 09:53 AM | comments (x) | trackback (x) |
PAGE TOP ↑