中国旅行添乗員レポート

VOL.7 2010年9月22日発  8日間
北京-ウルムチ-カシュガル-ホータン-ニヤ-沙漠公路-クチャ-ウルムチ-北京
NHK学園海外スクーリング シルクロードを訪ねて ~タクラマカン砂漠縦断の旅~

1日目
成田

北京

ウルムチ
2日目
ウルムチ

カシュガル
3日目
カシュガル

ホータン
4日目
ホータン

ニヤ
5日目
ニヤ

沙漠公路

クチャ
6日目
クチャ

ウルムチ
7日目
ウルムチ

北京
8日目
北京

成田



 3日目:カシュガル→ホータン
飛行機に乗らない本日の起床時刻は遅めの7時半です。
遅めとはいいましても、中国の西の端付近に位置するカシュガルでは夜が明けたばかり。北京でいうとちょうど5時半くらいの明るさです。

今日はカシュガルから約520キロ先にある玉で有名な町・ホータンを目指す車の旅です。
右手に崑崙山脈を望み、左手にはゴビ沙漠が広がる国道315号を東に向かいます。

出発してしばらくすると刃物で有名な町・インギサールに到着です。
ウイグルの男性は短刀を身につける習慣がありますが、インギサールで作られた刃物は柄の装飾も刃の切れ味もウイグル1といわれるほどの名品でウイグルの人ならば誰でも欲しいと思うもの。ガイドの楊さんは女性ですが、切れ味が良いので1本持っています、と小さなナイフを見せてくれました。比較的手ごろな値段で装飾の施されたナイフが手に入るので、皆さんお土産用にといくつか買い求められたようです。

買い物後はまたバスに乗りこみ東へ。残念ながら晴天は昨日までだったようで、本日は生憎の曇り空。どんよりとした空の下、お昼時になって小さな町へと入った私達は街のレストランへ。

今日の昼食はウイグル式のチャーハンと羊肉の串焼きラグ面にハミ瓜です。品数は少ないですが1品ずつの量が多く、元々小食の日本人にとっては少しきつかったようです。今後の参考にしたいと思います。

午後はひたすら車窓の景色を眺める旅です。
崑崙山脈はいよいよ雲に覆われて山頂が見えなくなり、左手側のゴビ沙漠の上空には果てしなく曇天がひろがり、荒涼とした大地をさらに寒々しく見せています。ぽつりぽつりと落ちていた雨もやがて雨脚が強くなり、途中からは豪雨に。
南疆出身の楊さんもこれには驚き、「こんな大雨降りませんよ! 異常気象ですね!」と何度も繰り返すほど。ウイグル自治区は一番近い海岸線から約2500キロ離れているといわれるほど海から遠い内陸。空気は非常に乾燥しており、雨も滅多に降りません。水の少ない場所でも育つタマリスク以外植物がほとんど生えず、ゴビという礫ばかりの沙漠が広がっているのです。年間降雨量をはるかに上回るであろう豪雨の中、幹線道路を東に進んでいるとところどころに川が出来ています。

崑崙山脈で溜め込めなかった雨水に加え、水を蓄える力のない乾いた大地に降った大雨がそこら中に川を作っているのです。そうした景色を眺めているとやがてほとんど車の通っていないような道路なのに渋滞に巻き込まれました。何事か、と身を乗り出せば、目の前の道路が濁流に流されているではありませんか。どうしたものかと立ち往生する乗用車のほか、バスやトラックはそろりそろりと濁流を乗り越えていきます。私達も1本目の濁流は乗り越えましたが、2本目は流れが激しい上、水深も深かったため断念。ちょうど近くの町から派遣されたショベルカーが埋め立て工事を行い始めたので、それが完成するのを待ってようやく先に進むことができました。

当初の予定では9時間ほどでホータンに到着できるはずでしたが、予想外の悪天候に見舞われたせいで12時間かかってようやくホータンに到着。現地ガイドのアティガムさん(女性)が待つ今晩のホテル・和田賓館にて夕食をとり、そのまま三々五々お部屋に入られました。
     
↑ページTOPへ ≪1・2日目へ ・ 4日目へ≫



添乗員レポートTOPへ戻 る

(C) 2011.All Right Reserved. 日中平和観光株式会社