中国旅行添乗員レポート

VOL.7 2010年9月22日発  8日間
北京-ウルムチ-カシュガル-ホータン-ニヤ-沙漠公路-クチャ-ウルムチ-北京
NHK学園海外スクーリング シルクロードを訪ねて ~タクラマカン砂漠縦断の旅~

1日目
成田

北京

ウルムチ
2日目
ウルムチ

カシュガル
3日目
カシュガル

ホータン
4日目
ホータン

ニヤ
5日目
ニヤ

沙漠公路

クチャ
6日目
クチャ

ウルムチ
7日目
ウルムチ

北京
8日目
北京

成田



 4日目:ホータン→ニヤ
朝、昨日のどんより空を引きずったままホータン現地日本語ガイドのアティガムさんと一緒にマリカワト古城へ。砂利道をひた走り、ユルンカシュ川のほとりにあるマリカワト村の村道を通って一番奥にある『マリカワト古城』を目指します。村道は舗装されていない泥の道。

道幅も狭く、途中まではなんとか進めますがそれ以上は無理なので下車となりました。前日の大雨で道がぬかるみ歩行が困難なこと、歩けない距離ではないのですが若干距離があることから
全員ロバ車に乗り換えです。↓
ロバ車 ロバ車


1台2~3名様に分乗し、遺跡の入り口へ。
マリカワト古城』は古代王国・于テン(ウテン)国の遺跡だといわれている場所。保存状態が悪く、川のほとりに広がる平地にはところどころほとんど形がわからない建物の一部が点々としています。
マリカワト古城
マリカワト古城

当時はかなり広大な城塞都市だったようですが、現在それとわかるものはほとんどなく、大きな柱や建物の形がわかる遺跡は1,2箇所しかありません。かつてのオアシスも今となっては見る影もなく、時の流れは残酷なものだと思いながら皆様遺跡を離れました。

 ロバ車に再乗車して村の真ん中あたりに停車していたバスに乗り込み、再びホータン中心部へ戻る途中、バスは村の外にある川のほとりに停車しました。

カシュガルー和田間

かつてこの場所では有名な「和田玉(ホータン玉)」が採掘されましたが、今はもうほとんど玉は取れません。ですがいつも農閑期になると村人が玉探しをするそうで、水があまりない川底は玉捜しで出来た穴が無数に空き、でこぼこしています。そんな風変わりな景色と村の周りを覆うように植えられた木々の緑を写真に収め、私達は『和田博物館』へ向かいました。
和田博物館』は非常にこじんまりとした瀟洒なイスラム風建築の建物。ホータン地区から出土した素焼きや仏像などが展示されています。東西文明の十字路でもあったホータンから出土したものは中国らしからぬものが多く、中央アジアや東欧の雰囲気が色濃く出ています。出土した遺跡の中には当時の文字が記載されているものもあり、講師の堀内先生からどこの国の文字であるかということ、現在読解がどこまで進んでいるかなどの説明を受けながらじっくりと見学しました。この『和田博物館』ですが、実は日本人の寄付によって作られたもの。博物館の入り口にはその方の功績を称えたプレートも掲示されています。中国の奥地に私財を投じて博物館を作ったその方を、同じ日本人としてとても誇らしく思いました。
 昼食を宿泊ホテルでとった後は翌日の沙漠縦断に備え、沙漠公路の入り口の町・ニヤへ。途中トイレ休憩を一度挟んだ後、再び降り出した雨の中ニヤに到着し、ホテルで夕食を食べて各自解散となりました。
     
↑ページTOPへ ≪3日目へ ・ 5日目へ≫



添乗員レポートTOPへ戻 る

(C) 2011.All Right Reserved. 日中平和観光株式会社