中国旅行添乗員レポート

VOL.7 2010年9月22日発  8日間
北京-ウルムチ-カシュガル-ホータン-ニヤ-沙漠公路-クチャ-ウルムチ-北京
NHK学園海外スクーリング シルクロードを訪ねて ~タクラマカン砂漠縦断の旅~

1日目
成田

北京

ウルムチ
2日目
ウルムチ

カシュガル
3日目
カシュガル

ホータン
4日目
ホータン

ニヤ
5日目
ニヤ

沙漠公路

クチャ
6日目
クチャ

ウルムチ
7日目
ウルムチ

北京
8日目
北京

成田



 7日目:ウルムチ→北京 
 旅もいよいよ終盤です。
今回のツアー最後の見学地である『新疆ウイグル自治区博物館』は3階建ての大きな博物館。
近年改装され、内部の展示も洗練された印象があります。私達は博物館専属の日本語ガイドの案内を聞きながら、新疆ウイグル自治区の歴史や文化財、少数民族に関する展示などを見学しました。そして到着したのが3階です。3階にはタクラマカン沙漠から発掘された多くのミイラが展示されており、中には『楼蘭の美女』と呼ばれる保存状態が良く、眠っているような女性のミイラもあります。楼蘭はご存知のとおりかつてロブノールという湖の畔に栄えたオアシス都市。現在は湖も干上がってしまい見る影もなく、楼蘭王国もかつての栄華を匂わせるものはほとんどありません。その場所から出土したミイラを中心に、3階は多くのミイラが展示されていました。

 博物館見学後は、少し時間に余裕があることもあり皆様日本にいるご友人、ご家族へ思い思いにお土産を買っていらっしゃいました。そうして何とか日本で待つ方々へ面目の立つお土産を購入した後は昼食です。新疆最後の昼食をとり、私達はウルムチの空港へ向かいました。

 1日目から同行してくれた楊さんとは空港でお別れです。常に笑顔を絶やさず明るくて頼もしい楊さんとは誰もが離れがたく名残惜しい気持ちでいっぱいでしたが、出会いがあれば別れもあるもの。絶対にまた来るからその時はよろしくね!と約束をして、私達は新疆ウイグル自治区を離れ、首都・北京へと飛び立ちました。

 北京についたのは既に夜です。ウルムチから飛び立つのが1時間ほど遅れたせいで、北京の到着も遅くなりました。北京ではガイドの陳さん(男性)に迎えられ、私達はまっすぐ市の中心部へ。
北京ダックの老舗『全聚徳』では個室に入り、2テーブルに分かれて最後の晩餐です。
翌日の飛行機が午後の便なので皆様ゆったりとくつろぎ、お酒もいつもよりもすすみます。そうして少し落ち着いた頃、私から皆様へ重大発表(?)が。実はこの旅程中、お1方お誕生日を迎えられていたのです。誰だ誰だ、とすっかり打ち解けた仲間同士顔を見合わせますが、誰も名乗りません。実は誕生日を迎えられたのはNHK学園から同行しているカウンセラーの方だったのです。ご本人も自分のことだとは思っていなかったとのことで大変びっくりされていましたので、私も準備した甲斐があったというものです。巨大なケーキにロウソクをたて、全員でハッピーバースデーを合唱して祝いました。堀内先生からは「これなら毎回誰か誕生日がいるといいねぇ」とのこと。非常に有意義で楽しい夜はこうして過ぎていったのでした。
 
 
 8日目:北京→成田
いよいよ最終日です。
8日間という長旅も最終日になると短く感じるものです。
ウルムチに着いた翌日、ゴビ沙漠の端の町・カシュガルから車を走らせ、崑崙山脈の麓を通っていた頃はまだまだ先は長いね、と話していたのが嘘のようです。後は日本に帰るだけというこの日の朝は、荷物の整理をする時間を確保するため、モーニングコールも鳴らさず好きな時間に朝食を召し上がっていただき、集合は10時半です。昨日の晩餐で皆様さぞお疲れになっただろうと思っていたのですが、なんと半分以上の方が早朝から地下鉄またはタクシーに分乗し、天安門広場まで行ったとのこと。ちょうど国慶節(中国の建国記念日)前だったこともあり、天安門広場は色とりどりの花で飾り付けられ、大変美しかったと皆様大変満足されたご様子。尖閣諸島沖の中国漁船衝突問題や、日本人社員拘束事件などが相次いだ時期でしたが、日本で騒がれるほど一般の中国の方々はなんとも思っておらず、街に出て日本語で話していても誰も気にしていなかったそうです。中国の空気を直に体験した皆様からは「いろいろ問題もあるのだろうけれど、日本で報道されていることが全てではないんだって実感できるわね」と言われ、本当にそうだな、と私も思いました。

 10時半に北京での宿泊ホテル・京倫飯店を出発した私達はまっすぐ北京首都空港へ。半日でしたがお世話になった陳さんに別れを告げ、私達は中国国際航空にて日本へ帰ったのでした。

 新疆では50年に一度といわれる豪雨にあったり、予定していた歌舞ショーが政府に徴用されて見られなくなったりしましたが、病気や怪我をされる方もなくおおむね順調な旅だったと思います。お仕事を下さったNHK学園様、丁寧な仏教解説をしてくださった堀内先生に心から感謝を申し上げます。ありがとうございました。
     
↑ページTOPへ



添乗員レポートTOPへ戻 る

(C) 2011.All Right Reserved. 日中平和観光株式会社